AirPodsProを行動のスイッチに【在宅ワークにも】イアフォンジプシーを卒業しました

あいすのオススメ

行動をおこすスイッチとしてのAirPodsPro

携帯をいじりながらゴロゴロ。在宅で仕事をする身としては、危険な兆候です。こうなると起き上がるのが難しい。

そんな時に備えて、私は「ちょっと携帯を見ながら休憩」というタイミングで、あらかじめAirPodsProを傍らに置いておきます。

「そろそろ起き上がらなくちゃ」って思った瞬間にAirpodsProを装着。iPhoneと素早く接続できる快適さは、本当にすばらしいです。

EYES
EYES

iPhoneとAirPodsProの接続は、本当にスムーズ!初期設定も必要なし。

私はYouTubeをほとんど聴く媒体として利用しています。

たとえば「両学長リベラルアーツ大学」とか、「勝間和代が徹底的にマニアックな話をする」などをよく聴きます。

この二つのコンテンツは毎日更新されているので、いつも新しい話が聴けます。内容も濃くて、前向き。やる気&モチベーションを出すにはもってこいの内容。

両学長は20分くらい、勝間さんは3分から5分くらいと時間も短く、ハイテンションで話しているので、聴きながら気持ちよく掃除機掛けや洗い物などのタスクをこなすことができます。

行動のハードルを下げておいて、何とかして重い腰をあげ、行動を起こさせるのが一番の目的。

AirPodsProは、そんなスイッチとして役立っています。

使い始めて半年…AirPodsProのメリット・デメリット

AirPodsProのメリット

使いはじめて半年ほど経ちましが、散歩や家事のときには必ず付けてる、っていうぐらい気に入っています。

続けて使用してみて気づいたのは、これまでのどんなイアフォンよりも「落ちない」ってことです。

私は右耳のほうが若干小さいようで、これまでどんなイアフォンもしっくりこないイアフォンジプシーだったんです。

AirPodsProも、落ちにくいとは聞いていましたが、半信半疑でした。でも本当に落ちない。

私は右耳にはSのラバーを、左耳にはMのラバーを付けています。散歩や軽いジョギングもしてみましたが、これまで一度も落ちたり不安定に感じたことはありませんでした。

つけていることを忘れるくらい快適なAirPodsPro。私は在宅勤務なので、一日中装着していることもしばしばです。

そんな私にとって、つけ心地以上に驚いたのは、ノイズキャンセリング⇔外音取り込みの、2つのモードが本当に快適だという点でした

集中したい時にはノイズキャンセリング。これは新体験、といっていいほどの無音状態です。

一方、外音取り込みにしておけば、音楽をかけながらでも、インターフォンの音や、家族との会話、買い物時の会話など、必要な外音が聞こえます。これもとても快適。

ノイズキャンセリング⇔外音取り込みのモード切替は、iPhoneを触ることなく、耳元をタップすればできるので、操作→行動がシームレスに行えます。

AirPodsProにはデメリットもある…それでも推す理由

デメリットをあげるとすると…バッテリーの持ちが悪いということ。だいたい4時間くらい続けて聴いていると、バッテリーが切れます。あたりまえですが、コード付きでは有り得無い問題なので、ちょっと注意が必要です。

わたしはネット会議などをする場合は、有線のイアフォンを準備して対応しています。

ただし旅行など長時間の移動には4時間では、ちょっと足りないかもしれません。ケースに入れると充電され、24時間くらいは持つようですが。

とにかく私は朝から晩まで付けていることもよくあるので、今後バッテリーが8時間くらい持つようになれば文句なしといったところです。

あとは、他と比べて高価、という点がデメリットといえばデメリットですが、私はApple純正でここまで快適なら、別に他のイアフォンを検討しなくても良い!という結論にいたりました。

つまり「イアフォンに対する迷い」や「新しいイアフォンに目移りして試したくなる」という時間と金銭のコストをカットできたことが、私にとっては最大のメリット。

EYES
EYES

これまでに、いろいろなヘッドフォンやイアフォンを使ってきたけど、「無難で使いやすい」ということ自体が素晴らしい。デザインもシンプルだし、目移りする必要がなくなった!!

実は私は音質について、ももともとはウルサイタイプだったんですが、AirPodsProはクセがない無難な高音質。

この無難という所が重要で、AirPodsProはいろんなジャンルの音楽や音源に対応していると感じます。

高音がキンキンしないし、低音も必要以上に強くない。「空間オーディオ機能」をオンにするとより音が立体的に。クラシックなどはコンサートホールで聴いているかのような臨場感です。

終わるあてのない「音質の追求」と一旦サヨナラできたのも、私にとっては画期的でした。

無事にイアフォンジプシーを卒業出来た私。AirPodsProには満足している!これが結論です。

最近は価格も安くなってきて、Amazonなどで29,000円ほどで手に入るようになりました。新機種が登場すれば、今後もっと価格が下がるかもしれませんね。でも私はこの子を故障するまで使い倒すつもりです。

コメント